女性に好きなタイプを聞いても無駄!好きなタイプを知りたいなら過去の恋愛相手から分析する

多くの男性は、その女性の性質をちゃんと知る事なく、感覚で、自分の好みだという理由だけで、女性を好きになります。
大抵は、今までの経験の中から、自分にとって都合が良かった記憶などと、絡まって女性を選んでいます。

しかし、肝心の自分にとって都合が良いかどうか。自分が幸せになれるような相手であるかを知ろうとはしません。
それは、具体的にどういった事をすれば良いのかを知らないからです。

支配者は、そうではありません。
ちゃんと、その人その人がどういった人物であるかを事前に理解をしています。それは、見るべきものをちゃんと見ているからです。

多くの男性は、その女性を理解しようと思えば、言葉を使って、質問をして、その女性を見ていこうとします。確かに質問を使って、その女性がどういった女性であるかを判断していく事は有効です。
質問を使って、女性の本質を理解していくのは、また別の項目でお話をします。

ここでは、それよりも、もっと強力な質問の方法について、お話をしていきます。
この質問方法を知らなければ、女性がどういった性格なのかを知りたい場合、おそらくこのような聞き方をすると思います。
「どんな性格しているの。」
このような質問をすると思います。
そうすれば、女性が答えるのは、当たりさわりのない、男性受けをするであろう事を言うに決っています。
そのため、あまりこういった質問のやり方は、良い方法とはいえないわけです。
ストレートに聞いてもダメなのです。

例えば、男性を好きなタイプかどうか。これを知りたいと思って、ストレートに聞いても男性好きなタイプと答える女性はいません。
誰でも、自分を良く見せたいという気持がありますから、自分のマイナスになるような事は、直接話をしようとはしないわけです。

そのために、少しやり方を婉曲にする。遠回りなやり方をするようにすれば、実際には、自分のマイナスな事を話しているのですが、それに気づかないで話をさせる事が可能となってきます。

それは、どういったやり方なのか。
過去の話をする
これです。
過去の出来事は、その女性を表している最も参考になるデータとなります。そして、それは、ただの事実なので、女性は、
それを聞かれる事 = 自分の本質
このようには感じない傾向を高めるのです。
だから、そこから得れるデータには、かなりの信憑性があり、そこから、その女性がどういった女性なのかを判断していく事ができるのです。

例えば、さきほどの、男性が好きなタイプな女性であるかどうか。これをストレートに質問をしても、女性は、聞こえが良い答え方をするだけです。
そのため、少し聞き方を変えます。
過去の話をするのですから、この場合は、今まで恋愛で、どれぐらいの期間を付き合った事があるのか。どれぐらいの男性と付き合ってきた事があるのか。
この過去の事実を聞きます。

付き合った人数が、多いが、付き合いの期間が少ないとなれば、その女性は、男性が好きなタイプで、しかも、その関係が続けられない事が良く分かります。
そのため、その女性には、性格的な面などで、なんらかの問題を抱えている可能性が見えてきます。
男性と付き合った人数は、普通で、一つ一つの期間が長いならば、ちゃんとした付き合いができる女性である事が見えてきます。
ただ、その分、その女性を落とすまでには、時間がかかる可能性が見えてきます。

ちゃんとした期間付き合う事ができるならば、事前に、時間をかけて、その男性との関係を築き、その上で、この男性は、付き合うに値するような男性であるかを判断できる女性である可能性が高くなりますから、その変わり、簡単に落とせるタイプの女性でない事が分かってきます。

次にどういった男性がタイプなのか。
これを知りたいとします。ストレートに質問をしても、一般的な答えしか、女性からは出てこないでしょう。
「明るい男性がタイプ。」
「楽しい男性が好き。」
「やさしい男性が好き。」
こういった一般化している答えしか出てこなく、参考になるものはありませんし、こういった答えを聞いて、それを間に受けて、それをあなたが実行しても、全然、有効にその女性には働かない結果になります。
そういった経験を多くの男性がしていると思います。

それは、ストレートに質問をして、その質問に対して、返ってきた女性の“表面的な答え”を、そのまま正しい事であるととらえてしまっているから、効果がない事をやってしまうわけです。
表面的な答えとは、言ってみれば、「そと行き用の言葉」です。
ですから、そこから得れる事は、ほとんどなく、その女性の事を知る上での有効性は、無いに等しいのです。だから、こういったストレートな質問には、あまり意味が無い。

だったら、過去の話を聞いた方が良いです。
今まで付き合ってきた男性の話をしていけば良いのです。
そうすれば、過去に付き合ってきた男性というのは、ただの事実ですから、それを説明しながら、上手く装う事は難しく事実そのままを話しなくてはいけなくなります。
そこから、男性のタイプは、良く見えてきます。


付き合ってきた男性の大半が、サラリーマンならば、遊び人タイプの男性を、敬遠する傾向があり、安定的な関係を望むのかもしれない事が、なんとなく見えてきます。
だらしないタイプの男性が好きで、フリーターの様な男性が多ければ、そういった男性を好む傾向が見えてきます。
それに、フリーターの男性ならば、その女性は、男性の外見を重視する傾向がある可能性も見えてきます。
チャライ感じの男性で、外見重視で、女性を獲得している男性では、普通タイプの男性と比べて、フリーター率が高くなります。そのため、この点を疑ってみる価値があります。

職人系の職業の男性を、中心として付き合っている女性の場合は、同じように男性に外見や、強さといったような男性要素を色濃く出しているタイプの男性を好む傾向が見えてきます。
職人系の職業とは、土建業、塗装業、こういったものを示しています。

そして、別れた原因などを聞くと、その女性にとって、どういった事をやると、嫌悪感を感じるか、男性に対して興味を失うのか、こういった事が分かってきます。
この面で、ストレートに聞いても、有効な答えは返ってきません。まず、女性自身が、別れる事になった根本的な原因について、理解をしていない可能性があるからです。

案外、別れる事になった原因を分析して、次に生かそうとしている女性は、そんなに多くなく、そのため、同じ間違いを続ける女性は、少なくないです。
そのため、やはりこの部分も、過去の話の事実を話してもらって、その中から、あなたが判断をしていく方が、より的確な情報を手に入れることができると考えられます。

まとめ
女性の過去の行動から、先の未来に関してを予想する事ができる。
女性の過去からその女性の、本質を予想する事ができる。
そして、その予想は、そうそう外れる事はなく、かなり現実になるだろう事が分かっています。
過去のデータは、かなり頼りになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ