飲み会や合コンで注目を集めることができないあなたへ!ポジショニングに気を付けよう

ポジショニングは、何気に大切です。
特に、あなたがあまり、何か人が集まるような場面で、注目を集められたり、話を提供して、その中で、立場を作る事が、比較的上手くできないのならば、こういった場面でのポジショニングには、気をつけてみてください。

飲み会や合コンでは、あなたの存在を、女性に知ってもらう事ができなければ、その場に参加をしていても、結果、いないのと同じになります。
そこで、単純な事なのですが、どの場所に座るか。これだけで、その場面で、印象に残る男性になる事が簡単にできます。
それは、かなりシンプルなのですが、テーブル席に座っているならば、そのテーブルの真ん中あたりの場所を取るようにします。
そうする事で、何かの話題になっていても、常にそこにあなたがいる状態を作る事ができます。
ついつい、内向的であったり、初対面の女性が苦手だと思ってしまう男性は、そういったテーブル席でも端の席に座ろうとします。
これが、かなりあなたの存在をなくしてしまう大きな原因の一つとなります。

端にいるだけで、何か話題が起きたりした場合、そこに自ら、積極的に発言をしていかないと、その話題に入っていない。そういった印象をもたれます。

テレビの討論会とかを思い浮かべてください。MCの人が、その討論会を仕切るとします。その場合、MCの人は、どこの位置にいますか。
言うまでもありませんが、真ん中です。
それは、その場を仕切るという意味でも、皆の中心的な場所に存在するためにも、その立ち位置が最もシックリと来るわけです。
それに、議題なども、MCを解して出されていくわけですから、端にいるのでは、非常に不便なのです。

こういった事からも分かるとおり、真ん中に位置というのは、嫌でも、その場面の中心的な人になり、女性の印象に残るようになります。
あと、この点も大切なのですが、女性の印象に残るためには、女性があなたの事を目にする回数なども大切になります。
人は、数多く目にすればするほど、徐々に慣れて行き、親しみを覚えていくからです。そこから考えても、端にいると、女性の目に入らない確率が高くなってしまう事が用意に想像つきます。
何回も目にする事で、あなたという存在を印象付けられますし、連絡先などを聞いた時なども、「この男性って、この飲み会にいたっけ。」このように感じられる確率も低くなるわけです。

女性の感覚としても、何回も見て、そしてなんとなく話をし続けていた。
そういった感覚を持てる男性と、いたか、いないか、それすら分からない男性だと、連絡先を教えても良いかを判断する結果は、全然違うものになるのも当然の事だと考えられます。

中心にいる事ができれば、テーブルの4 つ端の人とも、話す事は可能ですが、端に座っていると、話ができる人も限られてきます。
色々な面で、もし、飲み会、合コンなどで、ちゃんと女性に印象を、残しておき、女性とのつながりを持つ可能性を高めたいと考えるならば、このポジショニングについては、意識しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ