人に良い感情を持ってもらう方法は?なぜ悪い感情を持たれるといけないのか?

人は感情で動きます。
そのために、味方という感覚を持ってもらう事ができれば、あなたのフォローを進んで行ってくれます。協力もしてくれます。あなたのためになる事を、やってくれようとします。
それは、良い感情を持ってくれているからです。


怖いのは、この逆です。
もし、あなたに対して嫌悪感を持っている場合、それを振りまこうとします。
しかも、たちが悪い事に、嫌悪感を持っている人は、ネガティブな情報を、積極的にばら撒こうとします。消極的にではなく、積極的に、この点が怖いのです。
また、残念な流れで、人は、ネガティブな情報により、多く反応をしてしまうところがあります。
そのため、嫌悪感を持たれてしまった人が多くなればなるほど、あなたにとっては、損害に繋がる事をやられる確率が高くなっていきます。
そうなると、もし、良い感情を持ってくれている人が、50%で、悪い感情を持たれてしまった人が50%だとするならば、悪い情報が、完全に良い情報を上回ってしまいます。
それは、悪い感情を持っている人の方が、アクティブにその情報を回そうとするからです。

損害とは、例えば、悪い噂を流される事が多くなり、回りはそれを聞いてあなたに対して嫌悪感を持つようになる。
負のスパイラルを作られてしまいます。
そのために、日頃から、回りの人間には、良い感情を持ってもらうように意識して、行動をしていく事が大切になります。
意識をして行動をしても、ネガティブな事を言いたがる人は、かならず存在します。
そのために、良い感情を持ってもらうように、意識して行動をする事は大切になってきます。
良い感情への意識を高めても、それでも、そこに、ネガティブな所を探す人がいるのですから、最初から、ネガティブな事を表現していたら、それこそ、良いカモ状態になってしまうのです。

回りの人間から評価が低い人は、ここでの戦略に失敗してしまっているといえます。たぶん、回りの人への、自分という上手な表現をしてこなかったのかと思います。

では、どのようにやっていくと、回りの人は、良い感情を持ってくれるようになるのでしょうか。ここでは、簡単に実行できて、効果が高い方法について、お話をしてきます。

当たり前の事なのですが、まずは、パワーがあるような態度をとり続ける事。明るい表情と声であったり、そういった事を常に維持する事です。
簡単な事のように聞こえますが、これは、常に言っていますが、かなり大変です。
正直、この状態をキープするのは、消耗します。パワーがあるように演出するのは、それだけ、パワーを消耗していくのです。
そのために、エネルギーを身につける事が必要となってくるのです。
エネルギーが無ければ、このパワーがある男性を演出し続ける事ができなくなります。
結果、無表情であったり、人と明るく関わり続ける事ができなくなります。

元気がなくて、陰気な印象を与えるのです。大抵の人は、自分の電源をオフの状態にしたら、静かな状態になります。
いつでも、どこでも、パワーが溢れているような状態をキープできません。
そういった表現ができずにいる人は、そういったパワーがある状態の人を見て、「元々、この人は、そういった人なんだな。」と考えるのかもしれませんが、それは、大抵違います。

意識的に、そういう状態の自分を作っているのです。
結局人から好かれるような態度をしている人は、それに見合ったエネルギーをそこで使っているのです。
そうする事が、自分にとって、大きなプラスになる事を知っているからです。


そういった、人が関わって、楽しい人物であると思ってもらう事で、自分の味方を作っていきます。そういった状態になると、どのようなメリットがあるのか。

それは、ある人物が、あなたにとって、ネガティブになる情報を撒こうとするとします。そしたら、あなたに好感を持っている人物は、その情報を消そうとする対応をしてくれます。
そのネガティブな情報にある、嘘を正してくれたり、正しい情報を提供してくれようとしたりしてくれます。
こういった活動を、やってくれようとします。本来ならば、好感を持っていなければ、それを正そうとするのは、面倒ですから、流してしまいます。
しかし、良い感情を持ってくれているからこそ、そこで動いてくれるわけです。

ここが、大きな差になるのです。
あと、ここでも、大切な考え方があるので、もう少しお話をしてきます。
もし、あなたの職場に新しい男性が、転職してきました。
その男性は、あなたの下にいる状態です。あまり、積極的な感じの男性ではありません。
どちらかと言えば、消極的な印象を持つ男性。ある時に、その男性から、仕事で、修正して欲しい点があるという、不満のメールが来たとします。

本当の所では、その男性が消極的な人間で、いつも、その不満を持っている点に、我慢をして我慢をして、数ヶ月過ごしていて、遂に、もう我慢の限界が来て、でも、話をしても、伝える自信がないので、メールで、やっとの思いで修正して欲しいとお願いをしたのかもしれません。

が。しかし、あなた側に立って考えてみてください。
今まで、仕事でもあまり話をする事なく、ただ、各々の仕事をこなしているだけの関係だった、その男性から、ある日、突然、仕事に対しての不満と取れるメールが届きました。

この状態しか分からないとなると、どういった判断をするでしょうか。
この男性は、消極的な人間だから、相当、我慢をしていたんだろうな。その末、どうしても我慢ができなくなって、メールという手段にうったえたのかもしれない。とは、思わない。
そこまで、先を考えられるような、男性の性質を理解できるような間柄にはなっていません。
高い確率で、このケースでは、不満しか言わない男性という考えに、結びついていく方が、自然だと考えます。

当たり前の事なのですが、この当たり前の事が案外理解ができません。
我慢の限界がきたからといって、その時だけメールをしてしまえば、お互いの関係性の中で、ちゃんとしたやり取りが成立っていません。
印象に残るのは、この1 通のメールだけになってしまいます。

だから、怖い。関係性を構築しないというのは。勘違いされるんです。コミュニケーションが少ないと、たった1 回の内容で、すべてを判断されかねないからです。
そういった点から考えても、あなたの味方を増やす。こういった意識を強く持つ必要があるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ