女性と手をつなぎたい!キスしたい!あなたの要求を通すために必要な心構え

ここからの項目は、先ほどの項目の強力版についての話です。
※先にこちらを読んでください。
女性が本気で嫌がるまでナンパではあきらめるな!

ここで大切な事は、言ってみる事は、自由だという事です。
女性にこのようなプローチをしたら、ダメかな。嫌われる かな。まだ早すぎるかな。こういった考えを持って自分の 中だけで判断してしまう。
結果づけてしまう。そういった事は、そこまで必要ではあ りません。

あなたが女性に、要望をするのは自由です。
女性が後は、判断していくので、私達男性は、そのリア クションを見ながら、受けてくれたならば、次はもう少し 高い要求を出そう。
拒否されたから、時間をおいて、もう少し低い要求を出 そう、このように考えていけば良いのです。


高すぎる要求をすれば、女性はそれでその場からいなく なってしまうかもしれませんが、それも、絶対に駄目とい う程の事ではありません。
このような場面で、引け目を感じると、それにより、男性 側の心が弱くなります。男性側の心が、「断られても仕方 ない」。
このような考え方を持つようになってしまいます。
そうなれば、言葉からは力が失われ、表情から、自信が 失われ、態度は、弱弱しいと感じさせてしまうような態度 となっていってしまいます。

そうなると、それを女性は見抜きますし、従うべき男性で はないと感じるようになります。
態度からも、断っても良いだろうなと思うようになり、断ら れるべくして、男性側の要求は、退けられるのです。
そして、女性が断った事により、元々、男性側の心が、
「断られても仕方ない」。
このような状態になっているのですから、女性がまだ微 妙なラインにいるといった細かい所まで、観察するまでも なく、納得して、引いてしまうのです。

引くのは、女性が明確に嫌がった時。
これぐらいに考えて良いのです。それに、こちらが要求 を出すのは、自由だ。こう考えておけば良いスタンスな のではないかとおもっています。
こう考えれば、あなたがアプローチする時の引け目を感 じる事が少なくなり、要求にも力を持つようになります。
さらに、もし、できるならば、こちらから要求する物事を受 け入れてもらえるのが当然だ。このような態度で、要求 を出せるようになると、さらに、女性にあなたの要求が受 け入れられるようになります。

女性を強力に従わせるためにも、このテクニックは、使 えるようになると便利だと思っています。
なぜ、あなたが要求を出す時に、受け入れてもらえるの が当然だといった態度で、要求を出すと良いのですが、 要求を出す側が強くなればなるほど、その要求が正しい かのように、なっていくためです。
要求を出しているあなたが、これは、通って当然だと思 って要求を出します。そうなると、要求を出された女性は、 その要求は正しく、受け入れるべきだといった気持が強 くなります。
その姿を見た、あなたは、さらに要求の度合いを強めま す。それによって、女性は、さらに、あなたの要求は正し いと感じるようになります。


この仕組みを利用できるので、強めに要求を出せるの は、使い勝手が良い方法なのです。
もう1 点、要求を出す場合のテクニックがあります。
あまり、一つの要求に重きを置かない。
一つに重点を置くと、それを断られた時に、少なからず、 ショックを受けると思います。そのショックを受ける事が、 あなたの心の足を引っ張ります。
こういった事が影響してしまった、これがまた、雰囲気、
態度、声の大きさなどなど、こういった事に関係してきて しまうのです。

人間の心は脆いです。ですから、事前に覚悟や、方法 論を知っておいた方が有利なわけです。
一つの要求に重きを置かないためには、どうしたら良い のか。
それは、いくつもの角度からの多種類な要求の仕方を 用意しておく事です。

例えば、手を握りたい場合のアプローチの仕方を色々と 用意しておく。そうすれば、一つの方法で断られたとし ても、他の方法を使えば、手を握れるかもしれません。
1 つの方法よりも、2 つの方法。2 つの方法よりも、3 つの 方法。3 つの方法よりも、4 つの方法。その数に比例して、 要求する事が通る確率が高くなります。
これって面白い事で、女性は、どの選択肢を選ぶのか、 人それぞれなので、正直、どれを選ぶのか、私もよく分 からないので、色々な要求を未だに連発して出します。
考え方としては、どれかに引っかかれば良いなといった 程度で、どれか一つの要求方法には、固執していませ ん。
どれでも良いのです。
手を握るという結果さえ達成する事ができれば。その過 程は、私の中ではどうでも良い事になっています。その 結果を手にする方が重要なのです。

今ある結果を見てから、自分の心を決めたりする仕組 みが、人間の中に組み込まれている以上、過程を大切 にするよりも、結果を手にした方が、良い結果をもたらす 事は多いと考えられます。

もし、あなたが要求を出さないとするならば、女性は、自 分にとって都合の良い選択をしていく事に間違いなくな っていきます。
それは、当然、私達男性側から見れば、都合が悪い方 向に進んでいく事になります。
女性の判断の基準は、判断を先延ばしにして、どれぐらい男性を引っ張る事ができるかにな ってきますので、女性に判断を任せれば、このような形 に持っていかれます。
そのために、要求は、より多く出せるように準備をしたい です。

より多くの要求を出せるようになるのに、最も適している 方法は、やはり現場での考えながらの経験です。
女性と一緒にいる場面で、このような要求をしてみた。
それを断られた、ならば、どうやった違う表現で、同じよ うな要求をしてみようか。
このように考える事の積み重ねが、次の回にいきてきま す。その場で必死に考えて実践した事は、中々忘れま せん。
それをやっていく内に、用意しているもの以外、アドリブ で新しい要求の仕方が出てくるようになります。
量を重ねると、要求の出し方にも余裕が出てきて、笑え るような要素を入れて、より女性が受け入れ安いような 要求の出し方もできるようになってきます。

そうすれば、さらに、あなたの要求は通りやすくなってい きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ