豊臣秀吉式ナンパ攻略法!意地を張る女性に対してこちらの要求を飲ませる方法

意地をはる女性は、大勢います。こちらの思った通りにさせてくれない女性は大勢います。
その場合、少し視点を変える事で、想像以上に、簡単に動く事が、多々あります。

この項目では、その方法の一つについて、お話をしていきます。

ちょっと、どこか落ち着ける場所で、もう少し話をしない。
こういった誘いをしても、二の足を踏んでいる女性がいるとします。
理由を聞いてみると、知らない人と、一緒にどこかに行くのは嫌だ。
こういった事を言っているとします。ならば、知らない人という視点を変えさせる。こういった事が考えられます。
その場で、しばらく色々な話をして、もう少し和んでから、また提案を仕切りなおす。こういった考え方でも、女性の視点を変える事ができるかもしれません。
その際に、また、知らない人とは。このフレーズを使われたら、
「もうだいぶ話をしたでしょ。もう、知らない人とはいえないんじゃない。」
このように言い返します。

「知らない人とは、友達になれない。」
こう言われたら、
「友達を増やす事は、人生経験を増やす一つの方法になる。」
「人との出会いは、人間を成長させる最高の方法だ。」
このように視点を変えていってみる。

その女性が見ている、一面以外の見方を教えてみる。
それによって、今まで頑なだった女性の意見が変わる可能性が出てきます。


この方法を使って、上手く目的を達成させたのが、豊臣秀吉です。
彼の行なった刀狩。
あれの本当の目的は、農民から刀を取り、一揆などを起こさせないために武器を奪う事でした。
武器がなければ、一揆を起こしたくても、簡単には、実行する事ができなくなりますし、刀という力があるという、そういったイメージを奪う事もできます。
農民も自分を守るための武器ですから、そうそう簡単には、刀を差し出しません。
農民の目線としては、刀が無くなるという事は、自分達の武力を奪われる。
このような目線で考えていたので、差し出す理由がありません。この農民の目線であれば、刀を渡す渡さないは、武力の奪い合いとなります。

そこで、豊臣秀吉は、非常に良い方法を考えたのです。
その農民の目線を変えてしまえば良い。あなた達から、刀をもらうのは、武力を奪う事ではありません。
大切な存在である大仏。これを再建したり、新しく作ったりするために、必要なのです。
今、材料が足りません。
だから、大仏を作るために、あなた達のために、素材を寄付してくれませんか。協力してくれませんか。

こういったように視点を変えさせる事にしたのです。

結果は、あなたもご存知の通り、上手くいき、農民から刀を狩る事に成功したわけです。
これは、そのまま、思いっきり、頑なな女性の視点を変える事にも利用できるわけです。利用しない手はありません。



女性の拒絶の言葉を逆に利用してこちらの要求をのませる方法

女性は基本的に、拒絶する言葉を男性に言います。これが基本体制で、ここが私達男性のスタート地点です。
特に、これから、多くの女性を獲得していこうと考えている、私達は、これを踏まえないと、お話になりません。
そういった私達男性は、女性の拒絶の言葉をむしろ利用するようにならなければなりません。拒絶しているから、それが何か。こういった姿勢を示していきます。

拒絶なんて、関係ない。こういった強い意思表示をしていきます。それによって、徐々に、私達男性の強い意志が伝わっていき、拒絶する事ができなくなっていきます。

拒絶した所で、「だから何か。」
常に、こういった返しを私達からされるのですから、段々と、女性側の心が折れてきても、なんら不思議はありません。
具体的に、どのような言葉を使うのか。これについて、お話をしていきます。

女性を口説いていて、
「私、かわいくないから。」
このように言われたならば、これを利用して。
「かわいくない。誰が言ったの。めちゃくちゃ、かわいいけど。」

胸を触ろうとして、拒絶されて。
「私、胸小さいから。」
このように言われたならば、これを利用して。
「俺はあまり大きな胸は、苦手なんだ。これぐらいが最も理想。」

女性が、拒絶しても、その言葉をそのまま利用して、その言葉を否定してしまえば良いのです。
そうなれば、他に言える事はなくなっていきます。
「足太いから。」
と拒絶されれば、またそれを利用して。
「最近の子は、細すぎて嫌だ。これぐらいが最高に良い。」
このように、すべてをひっくり返す。

ネガティブな事を言われても、全部、逆を言う。全部、肯定する。
女性が、それ以上、否定できない、ネガティブな言葉を発言できないぐらいに全部、肯定する。


何も、否定させないよ。
この姿勢が大切になります。
そうなれば、その内、そういった発言ができなくなります。
おとなしくなっていきます。
それは、そうです。もう、ネガティブな言葉ありません。それぐらい、女性の言葉を全肯定していきます。
さあ、いくらでもネガティブな発言してみろ。全部、肯定してやる。そういった気持をもって、全部、肯定しまくってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ