マフィア、ホスト、ヒトラーからわかる力強い男に見せるためのファッションは?

ファッションで、力を感じさせる事を意識できるようになる事は、かなり重要です。では、まず、力を感じさせるファッションとは、どういったものかを考えてみましょう。
最も、印象深く、それでいて、基本に忠実で、分かりやすい例は、ヒトラーでしょう。
おそらく、多くの人に、このようなファッションがイメージつけられていると思います。

力強さをアピールする服装


ここには、明確な理由があります。
基本的に、ファッションでは、直線的なものに、パワーを感じるようになっています。
ですから、会社組織では、皆、スーツを着ているのです。

会社では、交渉などといった仕事や、相手から舐められては困る場面というものが、多々存在しています。
そのため、あのスーツという格好が最適なわけです。スーツは、直線的なファッションの代表です。
もし、今から、あなたが、仕事で、5 対5 で、先方と会う事になっており、そこで、今後の重要な取引があります。
そこでの交渉により、より良い状態に持って行くことができるのか、それとも、不利な状態になってしまうのかが決ってしまいます。

相手側は皆が、プレスをしっかりされている、ピシッとした直線的かつ、ストライプが入っているような、より直線イメージを重視した、スーツを着てこられたとします。
補足ですが、ストライプという柄は、より直線的なイメージと、パワーを感じさせられる柄となっています。

一方、あなた側は、全員、皆、ボーダー柄の薄い水色のTシャツに、ベージュ色のチノハーフパンツで、挑んだとします。
この場合、まず心理的に、圧倒的に相手側が有利になる事は、想像するまでもありません。
これは、あくまでも極端な例のお話ですが、直線的なファッションと、丸みがあるファッションでは、感じる感覚がまるで違います。
それを着ている自分の心境もかなり変わります。

なぜ、先ほどの例では、あなた側が、半袖に、ハーフパンツとして、お話したかというと、ここにも、パワーを感じさせるファッションが、大きく関係しているからです。
肌の露出が増えれば増えるほど、男性のファッションとしては、パワーを失っていきます。
もっとも、パワーがないファッションの代表例として、私が考えているのは、タンクトップとハーフパンツです。それに、ビーチサンダルが加われば、最強だと思っています。

もちろん、こういったファッションを否定しているのではなく、あくまでも、パワーを感じさせるファッションで、街中で、女性に声をかけたり、飲み会をするような場面では、マイナス要素が多いという話です。
日本人は、ただでさえ、貧弱な体です。ですから、ここまで露出が増えると、貧相にすら見えてしまうと考えています。

そのため、私は、夏でも、女性を落とす事を目的としている活動を、街などでする時は、ハーフパンツを履く事は、ほとんどありません。
靴も、暑いとしても、ビーチサンダルを選ぶ事はありません。
スニーカーよりも、革靴を選びます。夏でもです。

それは、対女性だけを考えているからです。サンダルにしたら、それだけで女性に与えるパワーの印象が落ちるからです。
微々たるものであろうとも、確率を上げたいというのが、私の基本姿勢です。

色も、関係していきます。淡い色よりも、黒系統のような色の方が、よりパワーイメージを強くする事ができます。
黒は、基本的に権威の色とされています。

女性により、パワーイメージを与える必要がある職業の代表例が、ホストクラブです。では、ホストクラブの男性のファッションをイメージしてください。
たぶん、思い浮かぶものは、全員黒のスーツに、黒く日焼けした肌。盛られた髪。こういったイメージだと思います。

彼らは、女性に、男性として強い魅力と、男性的な強いパワーを感じさせる必要があります。それにより、より高い価値がある男性のように表現し、それに比例したお金をもらうのです。
それが彼らの仕事ですから、女性へのパワーイメージは、最大化させなければなりません。そこで、考えられたのが、あのスタイルなわけです。
直線的なイメージを持たせるために、スーツを選んでいるのです。

直線的なイメージを持たせるために、中のシャツもドレスシャツにしているのです。ロンTには、しないのです。
(もちろん、そういったスタイルを取っている人もいますが、比率的には、ドレスシャツが多くなります。)
ドレスシャツの方が、よりパリッとしていて、直線的なイメージが与えられる素材で作られているからです。

黒が多いのも、先ほど、説明したように、黒は、権威の色で、より多くのパワーを持っているかのように、身につけている人を表現させる色だからです。
威圧の色とイメージしてもらっても良いかと思います。

舐められたら、終わりの職業である、マフィア。
映画「ゴットファーザー」を見た事がある男性も多いと思います。彼らが何か、交渉ごとがある時、どういったファッションをしているかを、想像してください。
上記の条件を全て満たしていると言っても良いぐらいです。

特徴的なのは、スーツのストライプだと思います。マフィアといえば、スーツ。そして、スーツは、ストライプ。あのストライプも、パワーを感じさせる戦略の一つです。
マフィアといえば、ハットがあります。
あのハットも直線的なデザインです。間違っても、マフィアは、ボンボンの付いたニット帽を被って、交渉場所に現れる事はないのです。
夏でも、半袖で、そういった場所には現れません。
相手に、こちらがパワーある存在のように見せなければならない、そういった職業の人のファッションをチェックしてみてください。そこから、色々な事が分かります。
警察官。
裁判官。
弁護士。
などなど。

偉い人、権威がある人、そういった職業を思い浮かべてください。
皆、直線的なファッションをしていると思います。

今後、あなたも、この直線的なファッションを、意識してみてください。いつでも、こういったファッションをしようといった話ではなく、場面で使い分ける事ができるようになるのが、ベストです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ