この人なら従いたい、ついていきたい女性が思う男性の4つの特徴

人を引っ張るためには、備えていなければならない明確な項目が存在します。この項目に該当していないような男性を演じている限り、女性を支配する事はできません。
逆に、人に支配されてしまう要素が強い人とは、どういった性質なのか、女性が従いたくないと思う男性とは、どういった性質を持っている人なのか、についても、あわせて話をしていきたいと思います。

このような性質を多く表現されると、女性は、その男性に従うような対応をしてしまいます。その性質とは。

1・信頼
これを力強く表現できる場合、女性はその男性の下についていく心境になりやすくなります。
信頼と言っても、これは幅広いです。使われる言葉や、行う行動。基本的な所をみなければなりません。
これは、対女性だけではなく、男性に対しても同じで、人間全般から信頼をされるようなキャラクターを演出するように日頃から、意識してください。
まずは、これが第一です。この要素が表現できない場合、支配するといった立場になる事は、難しいと考えましょう。

2・説得力のある雰囲気
女性から見て、従うだけの説得力がなければなりません。
従うに値するような男性という雰囲気を持たなければなりません。
雰囲気の作り方としては、話し方、声の音量、態度、姿勢、表情、こういった事が大きく関係してきます。

話し方は、おどおどした雰囲気がないか。言葉は流暢に出ているか。話をする時には、テンポが大切です。
もちろん、内容も大切なのですが、それ以上に大切なのが、テンポです。
テンポが良く、そこそこの話をした時と、内容は非常に良いが、つまりながら、えーと、や、その、といったような単語を入れて話をする場合では、説得力に大きな差が出ます。

声の音量は、小さいのは、自信の無さを表現します。自信がある人は、声の音量が大きくなります。この点は、想像に難しくないと思います。
今まで生きてきた間を振り返ってみると、自信がある男性の声は、大きく、ハキハキしているイメージを持っていると思います。
声の音量と自信は比例する傾向が、非常に高いです。
話し方、声の音量、会話をする時には、この点に注意する必要があります。

小さい声で、ボソボソしゃべるのが、上の立場に立とうと思った時には、最も最悪の話し方となります。
この話し方をして、女性を上手く操れる事は、ほとんどないと思った方が良いです。
態度、姿勢は、堂々としている事が必須。
その場合のポイントは、背筋。
背筋を張っている状態でないと、肩幅は狭く見えますし、猫背に見えます。縮んでいるような状態に見えると、自信がない男性に見えるようになっています。
体も小さく、身長も、共に、実際よりも小さく見られます。

人間は、自分よりも大きなものに対しては、現物よりも、評価を高くする性質がありますから、小さいポイントのようですが、姿勢は大切なのです。
それに連動して、体の動きも大きく関係します。
体を使って話をしている場合、特に手を動かして話をしていると、その話自体に、動きがあり、興味を引きやすくなります。
それに、手を動かしている事により、先ほどと同様のポイント、実物よりも体が大きく見えるというメリットがあります。
結果、手などに動きをつけた話し方をした方が、その話し方に説得力が出てきますし、従うべき資質を多く備えた男性であるかのように演出する事ができます。

座っている状態などは、実際の身長はわかりません。
ですから、姿勢や態度を意識する事により、自分を実物よりも大きく見せる事が、可能となります。自分を小さく見せる行動に、プラス要素はありません。

表情。
同じ事を話していても、伝わり方が、まるで違うものになる場合。そこに大きく関係しているのが、この表情です。
楽しそうに、笑顔で話をされた場合と、表情乏しく話をされた場合では、女性の感情に与える影響は、著しく違うものになります。
女性が話をした事に対して、テンポよく、笑顔で、あいづちを入れながら話を聞いているのと、同じような口調で、同じようなあいづちを入れられて話を聞かれている状態では、女性の次の話をしようとする状態に大きく影響します。

3・説得力のある外見
今から、その人に従おうと思っているのに、その人の外見が、それに見合っていなければ、従おうという気になりません。
ヒトラーなどが、なぜ、あのような格好で、人の前に現れたかは、さまざまな戦略あっての事で、威厳などを表現するのは、あのような格好が必須だったのです。
人から親しまれやすいような格好では、駄目だったのです。

人との間には、自分がどうやって見られたいのか。それマッチしている格好というものがあります。
もっとも、それにマッチしている格好をする事ができれば、女性に与える影響が大きくなり、その男性に従っても良いと思わせる事ができるのです。

4・類似
その女性と間に、共通点が多く含まれているように、演出する事ができると、その女性は、あなたに興味を持ちます。
その上で、上記までに説明してきた事が、多く表現されていればいる程、自分が従うべき相手として、十分な男性であると考える確率が高くなります。

これまでに説明した事が十分に表現されていなければ、この類似というポイントは、良い要素にはなりません。そのため、順序としては最後にしています。
もし、今までに説明した事が十分に表現されないまま、この類似にだけ力を入れた場合、友達関係、知人といったポジションにされてしまう可能性が高くなります。
やり方によっては、迎合しているような男性として捕らえられる可能性もありますので、類似にだけ力を入れるのは、得策ではありません。


以上4 点のような要素がある男性に、女性は従いたいと感じます。
簡単ですが、意識して欲しいポイントです。


こんな男性には従いたくないと思う男性の特徴とは?

逆に女性が、こんな男性には従わない、従いたいとは思わない男性とは、どういった男性かについてお話しておきます。

1・協調性が高い
一見すると良いです。しかし、この点は、実は、女性が従いたいと思う要素とは、逆に位置しています。
もちろん、社会に出て、生きていく上では、協調性が無いと、ダメなのは、言うまでもありませんが、協調性が高い場合、基本な行動として、相手の考えや動きに合わせて、自分の考えや行動を決定していきます。
そのため、相手の行動ありきになります。

女性を従わせる場合、女性の考えや行動ありきですと、主導権を握れる事はありませんし、女性が判断をゆだねる相手だと判断する事はなくなります。
協調性が高いのは、良い事ですが、回りの動きを尊重します。自分から、考えて、自分で行動していく事とは、反する位置にあります。
もし、あなたが協調性が、高いタイプだとするならば、この点は意識的に、自分の本質部分を出す事は、控えるようにしていく事が、女性を従わせていく上では、重要となります。

2・暗示されやすい、心が不安定
こういった要素が多くある人は、相手に言う事に振り回されやすい人となります。暗示されやすいというのは、わかりやすく言えば、占い師です。

占い師の言っている事をすぐに信じたり、朝のテレビ番組での血液型選手権などによって、決められた順位や、その時に言われていた言葉に左右されやすい人です。

ラッキーカラーは、青です。
といわれれば、青いものを身につけてしまうような人は、暗示されやすく、人の言う事を聞いてしまうタイプです。

これは、お話を聞いてもらえれば、お分かりいただけると思いますが、女性に多い傾向があります。
そのため、これが男性に当てはまっている場合は、だいぶ、女性的な印象を与えてしまいます。
そうなれば、女性が従いたいと思える男性とは、全然、違う位置にある事が理解しやすくなると思います。

心が不安定というのは、態度に表れてしまいます。
先ほど、話し方、声の音量、態度、姿勢、表情、こういったものが、大切だというお話しましたが、心が不安定な場合、こういったものに、すべて現れてしまいます。

つまり、これから私達が、女性に表現していこうと思っている逆の事をやってしまう状態だと言えるのです。
そのため、心が不安定な場合、女性が従いたいと思える男性とは、逆のタイプの男性となってしまうのです。
基本的な考え方としては、なぜ、心が不安定になるのかといえば、現在の自分が、自分に対して、「大丈夫」という許可を出していない状態だと考えられます。
この場合は、自分に対して、「大丈夫」という許可が出せるように、自分を作りこんで行く必要がありますが、これは、また全然別のテーマですので、このテーマは、また別の機会にお伝えしていきます。

上記のような事は、そのまま、社会、会社にも応用されます。
会社にいれば、自分から、仕事を探して、その仕事の中で、最大限の成績を上げなければなりません。そのためには、協調性が高い事も必要ですが、まずは、自分主導でなければ、良い成績を残せません。
成績が良いというのは、営業などの場合は、それが目に見えて判断しやすいので、営業でお話をします。
営業で成績が良い場合は、その会社に利益を多く出している事になります。多く利益を出すためには、売る。これだけです。
これ以外に利益を出せるものはありません。
多く売るためには、多く売れるための戦略を、自分で考える必要があります。これは、協調性が強い場合には、中々、発揮できない力だったりします。

同じ会社の人と、コミュニケーションを取る中で、良い方法を知る事はできますが、その会社の中で、抜きに出る事はありません。
そういった方法をしって、その中から、自分に一番適していて、成績が出やすい方法を、自分で模索するしかありません。
結果的に、仕事ができる男性が、多くの人を従えるような資質を持っている場合が多くなるのです。
女性が仕事ができる男性が好きな要因の一つは、ここでもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ