ビジネスマン、彼女がほしい人なら必ず実行するべき友人の正しい見つけ方

孔子の言葉を借ります。
「自分に劣るものを、友人としてはいけない。」
ビジネス業界では、これは、当然の事として、もはや常識と化している事柄です。

人間は、得てして、自分より下の人間と付き合いたいと思うものです。そのため、意識する事なく、活動をしていると、自分よりも、下の魅力がある人と、一緒にいて気持が落ち着くと思ってしまいます。
そして、自分よりレベルの下の友人を作り、その中で安心をしていきます。これは、どうしてダメかは、言うまでもないと思います。

自分が年収300 万円ならば、フリーターの男性で、年収150 万円の人を見て、俺よりも下の年収の人間は、ごろごろいる。
こう考えて、自分の心を満たすという行為をする。これが、自然に任せているときの心理です。

だからといって、いきなり年収1000 万円を目指そうといっても、それは現実的ではありませんし、無理をすると、かならずストレスを感じます。
こういった仕組みを理解した上で、有効な方法は、次に自分がなるべきレベルにいる友人をみつけて、友人になる事です。
仕事場ならば、自分よりも、ワンランク上の仕事ができる人。その人と仲良くなる事。そうすれば、無理なく、その人から吸収ができます。
ちなみに、あまりに高い目標を掲げると、気持が負担を感じる事は、証明されている事となります。他にも、体調を崩す大きな要因になるという報告もあります。




あなたが手にしたいと思う女性の特徴と同じ特徴を持つ

あなたが、優柔不断、エネルギーが無い、考える事が嫌い、人付き合いが嫌いならば、今後、あなたが手にいれる女性も、同種の女性が多くなります。
これは、人間の法則ですので、間逆の性質の女性が、手に入る事はありません。

少し、言葉を汚く表現します。
バカな人には、バカが集まります。
乱暴な人には、乱暴な人が集まります。
ダメ人間には、ダメ人間が集まります。
考える人には、考える人が集まります。
明るい人には、明るい人が集まります。
優しい人には、優しい人が集まります。

当たり前の事です。では、なぜ、そうなるのかの理解を深めてもらうために、この仕組みの部分について、お話をしていきます。
中学校の時に、バカで暴力的なグループというものが、あなたの回りにも存在していたと思います。頭が良くて、考えられる人間は、そこには、所属していなかったと思います。

この2 つのタイプの人間は、行動を共にできない理由があるからです。
バカなグループが、水風船に水を入れて、野球をしていて、バットで打てば当然、水風船が割れて、水が飛び散ります。
回りには、酷く迷惑で、全然面白くもなんともありませんが、バカなグループは、そういった遊びをしています。ちなみに、これは、私の中学校時代の実話です。

考えられる人は、それをやれば、回りの人間に迷惑がかかわると共に、嫌悪感をもたれてしまって、人間関係を狭める事がすぐに分かりますし、それが先生の耳に入れば、余計な摩擦を起こし、面倒になる事が分かります。
先生と摩擦を起こしてまで、やりたい事ではないので、そんな事をやろうとは思いません。メリット、デメリットで、デメリットの方が、圧倒的に上だからです。

バカなタイプは、そこで、賛同してくれる人を好みます。
人の迷惑になり、バカだなと思われる事に賛同してくれる仲間が欲しいから、賛同してくれなく、反対意見などを言う人は、受け入れたくありません。

結果、バカな事をする人には、同じようにバカな事に賛同してくれる人が必要です。
問題が起きれば暴力を使って制圧する。ならば、同じように暴力で制圧する事が正しいと思っている人を好みます。
かなり簡単な事ですが、これが仕組みです。

違う性質を持ち合わせてしまっていると、相手がやる事に、理解ができません。そうなれば、行動を共にしたいと思えませんし、共感できません。楽しくありません。結果、付き合えません。
あなたは、どういったタイプの男性になるのかは、あなたが手にしたいと思う女性のタイプにあわせる必要があります。

これが分かってくると、具体的に、どういった事をやるのかが分かってくると思います。
簡単な話ですが、大きなヒントになると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ