有名な暴走族グループの女とトラブルになり拉致されそうになった話

怨みは、決して、人に与えてはいけません。これは、意識してもしすぎる事はありません。人の怨みは、一生消えません。
怨みをもたれた場合、いつその怨みを与えた人が、復讐をしてくるかは、分かりません。
その本人は、こちらに復讐し、それに満足するまで、その怨みを持ち続けているからです。一生消えません。

その怨みになる一つが、お金であり、自尊心を大きく傷つける事であったりします。特に、お金には、要注意です。

だいたい、とんでもないトラブルに巻き込まれる場合、相手側に、怨みレベルの感情を持たれている時です。
そうでなければ、こちらが心から謝る事で、そのようなトラブルは、回避できるからです。
こちらが本気で謝っても許してくれないのは、相手側に怨みがあるからです。そのレベルまで、相手の事を傷つけた事を、してしまったからなのです。

このサイトを読まれているという事は、あなたは、より多くの女性を手に入れたいと思っているからだと思います。
どうしたら、女性を操る事ができるのか。こういった願望があるからだと思います。
そういった活動をしていこうと、あなたが考えているならば、この怨みという点については、意識してもしすぎる事がない。この事実を知って欲しいと思いまして、この項目を作りました。


この項目を立ててでも、伝えておくべき事実だと思ったからです。
この事は、史実に、いくらでもあります。
怨みで、身を滅ぼした例は。
ですから、もし、女性側の不利益になるであろう事をしたら、しっかりとメンテナンスをして、締めくくらなければならないのです。
私も、若輩者で、まだ物事を考える力や、人の感情や仕組みなどが、理解できなかった時に、やってしまった事で、ギリギリの所で、助かった事は、数え切れないぐらいあります。

例えば、あるギリギリの件がありました。
それは、ある日、仲間4 人で、女性を2 人ナンパした時の話です。
それは綺麗な二人組みで、こんなに綺麗な二人組みは、中々出会えない。そういった二人組みでした。
しかも、そういった二人組みが、私達の四人組に、付いてくるというのも、かなり珍しい状態でした。
その女性は、先輩と後輩という関係でした。主導権は、完全に先輩側にありました。
その当時、借りていた、仲間共用の家で、飲んでいたのですが、その内、女性の先輩側と、私の仲間2 人が、良い感じになり、3 人でイチャイチャしていました。
女性の後輩側は、私の仲間1 人を、かなり気に入ったようで、こちらもいい雰囲気です。。

私はちょっとのけ者のような感じで孤独でした。そこで、先輩側に入れてもらおうと思いました。
しかし、女性側の反応は、意外なもので、私は拒否をされました。
疎外感があり、色々と言葉を駆使して、私も加わりました。

それが、その女性には、気にいらなかったらしく、その後、私との間には、ネガティブな雰囲気が漂っていました。
私は、そのまま、それを無視するかのように、別の場所に行き、一人で酒を飲むことにしました。
その間、仲間2 人が、丁寧に、時間をかけて、その女性と話をしながら、気分を良い状態にしようと努力をしてくれました。
結果的に、先輩側の女性の気分を変える事には、成功して、全体の雰囲気は良くなり、楽しい感じで、その日を終わりにする事ができました。

後日に分かった話なのです。
どうやら、その先輩側の女性というのは、その周辺では、有名な暴走族の関係者で、私が気に食わなく、その日、集まった私達の共有の家の住所や、その日、乗っていたのが、私の車でしたので、そのナンバーを控えて、私を後日、仲間で拉致をしようと考えていたそうです。

しかし、結果的に、仲間達が、女性の感情と関係を良いものにしてくれ、私は、九死に一生を得たのです。本当に、ギリギリでした。

誤解があるといけませんので、お話しますが、私は何も変なことをしたわけではありません。
ただ、女性の感情的に、私を気に食わないと思ったのが、最大の要因です。その後、私がもっと、女性の感情を楽しい状態にするように、努力すれば、女性の気持は、全然変わっていた事は、今の私には、用意に想像つきます。

しかし、当時は、若く、面倒だという気持が強く、感情を、最も大切にするべきだという基本を無視してしまったのです。そういった態度も、気にくわなかったのだと思います。
そういった事が、その後も何回もあり、徐々に学び、女性の不本意や、不利益になるような事は、絶対にしないと決めました。
多少なりとも、女性の感情がネガティブな状態に向かっているなと思ったら、その感情をよくするための最大の努力をするようになりました。
そういった配慮がないと、いつトラブルになるのかが分からないからです。

こちらの一方的な判断は、当てになりません。たいした事ない。簡単に見ていたら、実は、その怨みのレベルは相当であった。こういった事は、少なくありません。
もちろん、その当時も、女性の意志を無視したような行動は取りませんでした。
ただ、より一層、女性にそういったネガティブ感情を持たせる事はないようにと、注意する意識を持つようになりました。

私事の話しで申し訳ございません。
他にも色々な史実があるのですが、日本では有名な話である、アイアコッカの話を、お話していおきます。
知っている方も、かなり多いとは思いますので、知っている場合は、この部分は流してください。
アイアコッカは、自動車会社フォードの有能な、営業マンでした。トップレベルの営業成績を出しており、出世していきました。
ところが、それを快く思わなかった、社内の人間から、画策をされて、結果として、全く納得ができない状態で、会社を辞めさせられる事になりました。

それを怨みに思ったアイアコッカは、復習するべく、驚く行動にでました。ライバル会社である自動車会社クライスラーから、ヘッドハンティングされて、なんと、その社長になってしまうのでした。
人間にとって、怨みは、最も大きなエネルギー源となりますから、アイアコッカは、鬼神の如く働き、クライスラー社を建て直し、フォード社に恐怖を与えられる会社にへと成長していきました。
そして、まだ、アイアコッカの怨みは、終わりませんでした。
これが、怨みのエネルギーの怖い所で、もう十分だろうと、回りが思えるような結果を手にしても、本人が、その怨みを昇華できていなければ、その怨みの活動は、止まる事がないのです。
フォード家の祖先が代々住んでいた豪邸を買い取ったのです。ここまでしなければ、アイアコッカの怨みが、晴れる事はなかったのです。

この項目は、怨みというのは、本当に怖いという事を知ってもらいたかったので、2 つの例、私の実話と、アイアコッカの話をさせていただきました。
女性と多くの関係を作れるようになると、どうしても、女性を切らなくてはいけない場面が出てきます。
女性にしても、それは、不本意です。
そこで、怨まれる事なく、最善の努力をするのが、私達男性の課題の一つです。
そこでのトラブルがどういった展開になるか。分かりません。他にも私の回りでは、さまざまなトラブルが起きてきました。
そのほとんどは、人の怨みといったようなネガティブな感情を放置してしまった結果です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ