女性のためにお金をたくさん使わない!そしてお金を借りない

お金の重要性について、色々とお話をしてきましたが、女性に対して、多くのお金を使わない方が良いです。
多くのお金を女性に使う事をしてしまえば、それが当たり前になります。
その後、もし、お金を使う事をやめてしまうと、最初から、女性にお金を使わないと決めている場合よりも、ケチという印象が強くなってしまいます。


お金に関しては、私達は、敏感にならなければなりません。
それだけ、女性とお金の関係性は、微妙なバランスで成立っているためです。お金の面において、最も女性から敬遠されるタイプの男性は、浪費家です。
浪費家の男性は、身を滅ぼす最も良い例である事を多くの女性は、本能的に理解をしています。
お金というものは、持ち続ける事が難しい性質のものです。
そのお金を、収入がある程度あるという理由で浪費してしまうのは、女性からしてみると、敬遠するべき対象の男性と位置づけられてしまうのです。

そのため、浪費家の男性は、それを自分の意志で修正しないと、女性との良好な関係を築く事で苦労をします。
浪費家である事がわかった段階で、ある程度以上のレベルの女性は、その男性を敬遠しはじめます。

浪費家の男性の典型的なパターンを説明します。
主にギャンブルをやる男性によく見られる事なのですが、ちゃんとした収入はあるのですが、ギャンブル、この場合は、パチンコにしましょう。
パチンコに行き、お金が無くなれば、付き合っている女性に借りる。この場合の借りるは、一般的な借りるとは感覚が違い、パチンコで増やして返すという破滅的な考え方をベースとして借りるという考えになりがちです。

結果、返す事はできなく、次々に浪費していく。それを見ていて、判断力のある女性は、その男性から離れます。
判断力の無い女性は、さみしいという感情を最優先させて、その男性を切らずに付き合いつづけ、悪くすれば、破滅します。

基本的にギャンブルをやる男性は、思考が弱い傾向があると言われます。まず、ギャンブルは、その運営側が儲かる事を前提に作られています。当たり前ですが。
パチンコ屋ならば、パチンコ屋の利益、運営経費、人件費などが最初から、かかる事前提でスタートしています。
その段階で、使うお金の何割かは、吸い取られる事が決定しているわけです。
そこに考えが至らない。
もしくは、最もこういった浪費家にありがちな考え方である、自分に都合が良いものだけを自分の中に、取り入れて納得する。こういった作業をやりがちです。

都合が良いというのは、自分は、パチンコを研究しているから、他の人よりも分析ができる。
だから、勝つべくして勝っている。などと考えます。実際に、収支をデータとしてまとめたりはしていません。
もし、本当に、パチンコで勝とうと思うならば、収支をデータ化するのは、基本中の基本。
自分が、実際に戦略を練って行った結果、どれだけの収支になっているのか。もし、それが負け続けているならば、自分の戦略は誤りで、修正するか、他の対策を練るか。
そもそも、そういった負けるのが当たり前の場で勝負をする事をやめるのか。こういった点を考えていくべきですが、そういった事を考えません。

もし、あなたがギャンブルが大好きなタイプであったならば、腹立たしい話をする事になりますが、こういった事実が、データとしてまとめられており、発表されています。
その話をします。
ギャンブル性が高いものを好む人間。例えば宝くじなど。他力本願でお金が稼げるようなものに、期待をするタイプは、水準が低い人間が多い。
ビジネス面から見て、起業をして成功する人には、他力本願な考えを持っている人の割合が、かなり低く、自分で考えて道を開く思考を持っている傾向が高い。

逆にビジネスで失敗する人は、ギャンブルを好む傾向がある。

あとは、個人の自由ですので、私が指図するようなものではありません。ただ、事実に基づいた話をさせていただきました。女性からは、敬遠される。この点には、よく注意をしてください。
女性の性質として、お金を借りられる事。そして、借りて返さない男性を許さないので、細心の注意をしてください。
女性からお金を借りるぐらいならば、日頃がケチである事の方が、何倍も何十倍も良いです。
過去の史実などを見ても、お金の使い方で、失敗をして、
その栄華を終わらせてしまった例は、いくらでもあります。

特に、お金を散財して、下のものから、お金を徴収して、失敗してしまった有名な例は、豊臣秀吉です。
秀吉は、浪費がひどく、浪費した分を国民から聴取する形を取りました。お金は、最も人の恨みを買うものです。
そこで、秀吉は、一気に国民の信頼を失い。その栄華を終わらせてしまいました。
これも、結局、下の者からお金を吸い上げたその結果です。それぐらい、お金を人から吸い上げる行為は、危険をはらんでいるのです。

逆に、節制をして、いくさに日々備えて、大決戦の時に、その財を一気に使い、勝利をもたらし、その名前を轟かした者もいます。浪費するメリットは無い事は、歴史を見るだけでも明白なのです。
浪費と、上手なお金の使い方は別です。

女性に対しても、これは、そのまま通用します。
いつもお金を使っていれば、使う事が当たり前となり、何かをプレゼントする時などのありがたみを減らし、結果、あなたの価値も下げてしまう事にも繋がるので、注意です。
支配者でもそうなので、ましてや、私達のような凡人は、女性から、お金をどうにかするという考えは、持たない方が良いわけです。女性から、お金を借りる、借り倒す。最も嫌われる行為です。気をつけましょう。
お金の恨みは、一生ものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ