自分が付き合いたいと思う最高レベルの女性を求めるな!その理由は?

最高レベルを求めないというのは、自分が今まで出会った中で、もっとも自分の理想に近い女性を落とそうと思わない事を意味します。
この方法は、私が大切に考えているものです。
今まで、あなたが出会ってきた女性で理想に近いという事は、今の段階では、あなたは、その女性に手が届かない事を意味しています。
もしくは、魅力というレベルでかなりの差がある事を意味します。

理想だと思える女性と出会って、何の問題もなくすぐに付き合えたならば、その段階で、あなたの魅力は、かなり高いレベルにあった事になります。
おそらく、男性の中では、上位レベルになっていなければ、つじつまが合いません。
平均的な感覚を持っている男性ならば、理想の女性だと瞬間で思った場合、大抵は、その女性のルックスありきで見ています。と言いますか、ルックスしか見ていません。
そこから、今までにインプットされている情報を当てはめて、自分に都合よく組み立てた結果が、理想の女性となっている場合が多いです。

そうなれば、その女性のルックスレベルは、かなり高い事になります。その女性をどうしても手に入れるならば、方法は、あなたのレベルを同じように上げる事になります。
これ以外の方法には、ほとんどといって良い程、長期な有効性はありませんし、もし、どうにかなったとしても、それは、短期としての関係性しか築く事はできません。

そうなると、あなたには、それ相応の事をやる覚悟が必要です。その女性が付き合っても良いと思える価値をあなたが持つ事になります。
その価値がなければ、女性は、残念ながら、あなたに見向きもしません。
ルックス、ファッション、仕事、性格、会話、人脈、などなど、全体レベルを上げるしかありません。どれか一つでは、勝負になりません。

恋愛をしていく上で、より快適な恋愛をするためには、自分のレベルを上げる事無しには、成立しませんが、それでも、それを男性全体の中でも上位レベルに持って行く事は、大変な作業です。
私も、女性をより多く手にいれる活動を始めてから、この点は意識し続けていますが、未だに自分は、中レベルから上には行けていない。
そして、まだまだ到達できる気がしません。むしろ、ルックスは、劣化の一途をたどるので、他の要素を充実させる事の重要性をヒシヒシと感じています。
結果、現状の私は、他の部分の充実を急速に進める事ができなければ、明らかなレベルダウンになります。
それは、手にいれる事ができる女性のレベル低下へ直結しています。

そういった中で、私が取った戦略は、最高を望まないという事でした。
ナンパをしても、今の自分のレベルで、コントロールできるラインの女性と、積極的に関わるようにしました。
そして、自分の中で、レベルが少し上がったと思ったら、そのラインでコントロールできる女性を新たにターゲットとして取り入れる。
こういったやり方をしました。要は、現状での最高、1 位を狙わないという事です。1 位を狙うと大変です。
どの世界でもそうですが、1 位を取る事は、並大抵の事では達成できません。
そして、まだまだ、もてる男性になる入口にいるならば、最初から、1 位を取ろうと思うと、心が折れます。
それに1 位の最も大変な所は、その位置を継続させる事です。瞬間的な1 位は取りやすいです。
しかし、その関係性をその後も継続させるのは、かなり難しいです。タレント女性が、継続して、手にしたい男性だと思わせなければならないからです。

タレント女性からすると、同じような環境でその世界に理解があり、自分よりも知名度がある男性を求めたりする傾向が、強くなります。
そこを凌駕して、その女性との関係を継続させるすべを、私は持っていません。
このように、最高を求めて、その中で1 位を継続するのは、精神的にも、きびしい状態になってしまいます。常に、他の男性の存在を気にしなくてはなりません。
最高を求めて、その中の1 位ですから、他の男性も、その女性を手に入れたいと思って当然です。
ライバルは、必ず強力な魅力を持っている男性になります。いつか、必ずといって良いぐらいに、あなたの魅力を相当上回ってしまう男性が現れます。
それがどのタイミングかは、分かりません。その間も、その恐怖におびえながらも、自分の魅力アップをし続けるわけです。

それは、それは大変な作業になってしまうわけです。
そこで、自分のレベルを上げて行きつつ、その中で、余裕が持てる女性と付き合っていく。この方法が、最も無理なく、精神的にも楽に、自分を高めていくための方法だと考えています。
自分の中での3 位ぐらいの女性を狙っていく。
その間も、自分のレベルを上げる作業は継続していく。
この考え方は、自分の満足感にもつながりやすいですし、何よりも、作業を継続させる事に無理がなくなります。

この作業は、あなたが女性を手に入れなくても良い。こう思えるまで続く作業です。継続できるやり方が、大切になってきます。
ちなみに、この考え方は、兵法にもよく用いられる考え方だったりします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ