女性にアプローチするときは完璧主義者になるな!

どんな人でも、その人が思った通りに物事が展開する事は稀です。
私達が、色々な方法を駆使して、女性を男性に都合良く運ぼうと努力をしても、結果として、それが上手くいかない事は、多々あります。
それが、フォーマットであると思わないといけません。

散々、女性と関わってきて、自分にとって最も要領が良い女性のタイプも見極められるようになって、その上で、これは大丈夫だろうと思って、女性にアプローチをしても、やっぱり失敗します。
成功率の方が高くなる事は、一生無いと思っているぐらいです。

中々、女性との関係性を良好にする事ができない男性に見られる傾向が、この断れる事を経験したくないので、断られないように、100%の戦略を練って、完璧な状態にしようと思っている人がいます。
完璧主義者になると、物事が進まなくなります。
考えても考えても、実際の場面になると、イレギュラーが起きるのが当たり前です。物事は、予定した通りに動かない事がダントツに多いです。
そのため、完璧主義者になると、経験する量が減ってしまい、イレギュラーに対する対応能力が低くなってしまいます。

考える事は大切です。情報を集める事は、大切です。
そういった考える事、情報を集める事。これをすばやく、量を多くして、そして、行動していく量も増やし、そこで起こったイレギュラーの消化数も多くする事を求められています。
失敗をしても、次の案を出す事ができれば、確率が高くなります。次のやり方が失敗しても、また次の案を出して、女性にアプローチする事ができれば、また、次の確率が生まれます。
これをどれだけ繰り返せるかが、女性を落とすための一つの方法論です。

私達男性は、完璧主義では、恋愛では、上手く行かない事が多くなってしまうのです。
女性の心は、動くものです。感じ方も、環境や、気分次第でどうにでも動くものです。
そのどう動くのかは、その時次第なものである感情に対して、完璧主義でいる事は、できない事が理解できると思います。
100%の方法を用意するのではなく、断られても、次の提案を次々とできる男性の方が、女性を落とせる理由わけです。

女性が、目の前から去らない限り、私達には、チャンスがあるのですから、提案できる限り、色々と提案するべきですし、そういった権利があります。



善意の影響力と悪意の影響力

女性に、何かをやってもらおうとすると、そこに摩擦が起きます。
こちらの意識通りに動かそう。そう思っていると、それが女性にも伝わりますので、意識的に動かされる事を嫌います。
そのため、逆の行動を取りたくなる。その意志が分かった段階から、女性が頑なになる事がよくあります。

先導するという意味でも使える方法です。
この仕組みは、どんな人間にも備わっています。
最も分かりやすい例でお話をしますと、子供は、必ず親の行動を真似します。親側は、子供に真似をするように言っている訳ではありません。
それでも真似をするのは何故か。そして、将来的にも、親の行動は、必ず子供に反映されてしまうのは、何故か。
ここを考えていくと見えてくる仕組みです。

この仕組みは、人間の潜在意識に影響を与えるので、強烈なのです。
それは、人間は、自分が見ていた、“他の人間の行動”に、直接的に影響を受けるという点です。
親が、いつでも、イライラして、怒ってばかりならば、その行動は、子供にそのまま影響を与え、高い確率で、その子供もイライラして、怒る頻度が高い子供になります。
負のサイクルで育ってしまっているケースが多いのは、行動が、そのまま子供に伝染するので、そのサイクルが断ち切れないわけです。
その子供が大きくなると、親からの行動を、引き継ぐので、また同じように、怒ってばかりの行動を見せるのです。
それが、また、次の子供へ子供へと、引き継がれていくのです。

これを国単位で、やっている所は、いくらでもあります。
ある国では、道路上にガムが捨てられている。その撤去費用が莫大なものである。
それに、街の外観を損なうなどの理由から、ガムを道端に捨てないようにするには、どうしたら良いかを考えました。
ガムを道端に捨てられてしまう大きな原因は、回りにガムが捨てられている事が普通の状態だから。
それに、回りの人間の行動で、ガムを道端に捨てる事が、普通に行われているので、それを見ている事で、行動が伝染し、ガムを道端に捨てる事に、心理的な抵抗が無くなり、何にも思わないで、ガムを捨ててしまうのです。

そこで、まず、国が考えたのは、ガムを道端に捨てる。この行動を無くさせてしまおうとする事を考えました。
次に考えたのが、人間は、直接的に、自分に害が無いと思った事は、平気で行ってしまいますから、自分に直接害がある事を、覚えさせる必要があると考えました。
最も、人間が嫌うものの一つは、自分のお金が無くなる事です。
つまり、ガムを捨てると罰金という形を取るようにしたのです。
これは、効果抜群です。
ガムを捨てればお金を取られると分かれば、そして、それを徹底的に、浸透させる事ができれば、ガムを道端に捨てるという行動を取る人間がいなくなります。
そうなれば、道は綺麗に保たれます。綺麗に保たれているので、その道を汚そうという人間が減ります。
ここのラインまでくれば、今度は、道を汚すという行動に、違和感を感じるようになります。
そうして、その国は、道を綺麗に保つ事ができるようになりました。

あなたも、よく見る風景からも、もう少しお話しておきます。
あなたが道を走っていると、合流地点に差し掛かりました。今、あなたが走っている道が、国道です。横から、合流してくる道は、細い道です。
あなたの前の車が、合流地点で、あえて、横道から来る車を、合流させませんでした。
そうなると、次の車も、その車を入れさせてあげない行動にでる確率が、かなり高くなります。

逆に、前の人が、スムーズに横からの車を入れてあげる行動にでると、その後、その入れてあげる行動は、後続車にも継続させるのです。

これは、何気ない事のようですが、すさまじい威力を持っている事になります。
一人の人間が、悪意を持った行動をすれば、その行動は、感染していくのです。
こういった意識を持った人がいるだけで、その回りは、悪意に満ちた空間になりやすくなります。


あなたは、人間のこの恐ろしい仕組みを知る事ができました。
あなたは、この逆の事をやれば良いのです。
行動が伝染するならば、あなたから発せられる行動は、善意のあるもの。これだけを発するようになれば、あなたの回りは、その行動に伝染します。
結果的に、善意の行動を取る方向になっていくのです。

これを徹底する。

悪意のある行動は、意識的に排除をしていく。
そうする事で、あなたの回りは、善意に満ち溢れた空間へと変化していきます。
この事からも分かるように、人間は、ちょっとした事に、大きく影響を受けるのです。
何も知らない事は、怖いことです。この善意の行動を取り続けるのか、悪意のある行動を取り続けるのか。
この選択をするだけでも、先の将来は、恐ろしいぐらいに変わって行きます。
意識しないと、人は、悪い方向に意識が向かいます。これは人間の習慣なので、しかたがないのです。
だから、私達は、意識を持ち、善意の行動を自分に課す。そういった意識と行動をするようにしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ