二人の人間関係が良いか悪いかをたった一つの質問で見破る方法

女性との間に一体感をもたらすために、意識的に使い続けたい言葉があります。これは、政治家や、特にアメリカの大統領選挙などの時などにも、彼らが、積極的に使っている言葉の一つです。
この言葉を使うと、女性は、自然と、あなたとの間に、一体感があるような感覚を持ちます。
それは、何か話をするために、私とあなた、こういった言葉の使い方ではなく、私達、われわれ、僕達、そういった女性とあなたとの関係を一緒にして、表現する言葉です。

もちろん、こういった言葉を使ったからといって、一発で、女性の気持が変わるとか、そういった事はありません。
しかし、使い続ける。この方法で、徐々に女性の気持を変えていく事ができます。
そういった効果があるから、政治家達は、皆使うのです。
そういった、権力者達も、認めている方法なわけです。
アメリカに大統領などが、選挙という人生をかけて戦う時に、あえて、選んで使っている言葉なのですから、その意味と威力は、考えるまでもありません。

この事を良く示しているのは、お互いの人間関係を見る時に、この言葉を使っているか、それとも、この言葉を使っていないか。
これを見るだけでも、高い確率で、その間の人間性が良好か、それともそうではないか。それが分かってしまう事からも、この言葉の重要性が分かってくると思います。

具体的には、どのような場面で、この言葉を使って判別できるのか。それについて、お話をしていきたいと思います。
これはいたって簡単です。あなた達の関係は、どういった感じですか。こういった質問です。その答えを聞くと、その二人の関係性が、良好なものであるか、そうでないかが分かります。

私達は、このような関係です。このようなニュアンスで、二人まとめて表現した場合は、この二人の間の関係は良好です。
私は、こういった人間です。こちらは、こういった人間です。このように、別々に分けて説明された場合は、この二人の間の関係は、良好ではありません。

一緒に表現したくないという心が作用していると、考えられるからです。

では、ちょっとイメージしてください。
あなたが、どうしても好きになれない人がいるとします。
そして、たまたま、あなたと、そのどうしても好きになれない人と、話をしなくてはならない事があり、用件を済まさなければならない。
そのタイミングで第三者から、あなた達の関係は。と聞かれたとします。
そうすれば、私達は。このような表現を使う事はなく、別々で説明するか。自分の事だけを説明して、相手の説明は、相手に任せると思います。

こういった事から考えても、関係性が良くないと、一体感を感じるような言葉を使いたくないのです。
そのため、この言葉は、女性にあなたとの一体感を感じさせる事ができ、ジワジワと効いてくる事が、理解してもらえると思います。積極的に使っていってください。



好きな動物がイヌか猫でその女性の性質を知ることができる

これは、私が、女性の性質を知るために、かなり好んで使っている質問の一つです。その質問とは、どういったものか。
非常にシンプルかつ、さまざまなシーンで使える、かなり万能な質問です。
日本で飼われている多くのペットは、犬か猫です。そして、犬と猫は、性質がかなり違います。真逆の面が良く目立つペットです。
犬は、従順で、人間に懐き、恩を忘れない傾向がある。
飼い主の言う事を良く聞く動物として、広く知られています。
一方、猫は、気まぐれで、あまり人間に懐かない、自分の機嫌で擦り寄ってくる。
飼った恩などは、ほとんど覚えていない、そういった動物として、広く知られています。
そのため、どちらの動物が好きかを聞く事で、その女性の性質を知る事ができます。

女性では、ネコが好き。そういったタイプが多くなります。
そういったタイプは、どちらかというと、相手の都合に合わせる事ができ、融通が利きやすいタイプとなります。
そのため、ネコ好きな場合、あまり用心をする必要はありませんが、ネコがかなり大好きといったタイプには、女性の面が強い傾向が出てきます。
例えば、洞察力が高かったり、コミュニケーションを多く求めるようなタイプです。
ネコが好きといっている女性は、比較的、平均的な女性であると考えて良いです。ただ、ここからが、この項目で、ちょっとポイントになる話です。

犬が好き。ただ、そこで、単純に犬が好きではなく、ネコが嫌いで、犬が好き。ここがポイントです。この条件付の犬好きには、ある強い特徴が現れます。
それは、支配的だという点です。
プライドが高く、人を支配したいと思っているタイプが圧倒的に多くなります。

この点は面白いぐらい該当します。
ですから、そういったタイプの女性から主導権を奪うのは難しいです。なにせ、プライドが高いので、比例して、自尊心が高く、自尊心が高い女性は、コントロールしづらいです。

ナポレオンや、アレクサンダー大王なども、ネコが大嫌いだったそうです。どちらも歴史的な独裁者で有名な人物です。
歴史的な人物で、逆にネコが好きだと、今度は、独裁者とは逆の性質を持っており、柔軟で、人々の生活を良くする事を行なった人物になっていきます。
例えば、リンカーンなどが、それに該当します。
ネコ好きと、ネコが嫌いな犬好き。

ここには、面白いぐらいの性質の違いが現れますので、その女性をまだ全然知らない時には、使い勝手の良い性質判断方だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ