女性との関係で支配的な関係を持ちたいときに気を付けるポイント

女性との関係で、支配的な関係を持ちたいならば、女性が主張する事、女性が要望している事、そういった女性主体の事ばかりに焦点を絞るのは、良い方向性ではありません。
当然、主導権は、男性側になければ、女性よりも上の立場に立つのは難しいです。

そうなると、女性の考えばかりを尊重していると、その関係を作り上げるのは、難しいです。日本人は、基本的には、バランスを大切にします。
人間との関係性を尊重するのですが、そればかりだと、女性との関係の中では、良くない方向に向かうことが多くなります。
そのため、ある程度、強引さを求められます。支配的な態度を、意識的にする必要が出てきます。

かといって、すべてが支配的な対応ですと、女性もその内、その関係に窮屈さを覚えてしまったり、不満を持つようになります。
まず大前提として、リーダー的な表現力が必要となります。

女性を支配するという関係を作る場合、男性が女性にとってのリーダーのような関係にならなければ、この関係性を構築する事はできませんから、どうやったら、リーダーシップを取れるのか。
この点を意識する事が求められます。
そのためには、より多く優れている面を表現する必要があります。

女性よりも、男性側が持たないものである場合、女性がその男性をリーダーとして認める確率は、低くなりますので、持っている男性になる。
もしくは、持っている男性を十分に表現できるようになる事は、必須です。

会社のリーダーで、仕事はできない、やる気もないし、元気も無い。スピードもないし、エネルギーもない。こういった人がリーダーになる事はありえないと思います。
最低でも、これらの事は、表現できるのが最低条件です。

これから、女性を支配するような男性になりたいならば、そういった男性に相応しい自分を作らない限り、無理です。何も無い男性は、リーダーになりようもありません。そんなリーダーについていく人はいないのと一緒です。
支配的なリーダーをイメージしてもらうと、あまり相手の考えを尊重しすぎる事はありません。しかし、上手く回りを支配するためには、他の人の意見を、完全に排除してしまう事もしません。
上手く回りの意見を取り入れながら、基本は、自分の考えを第一にする。これが、上手い支配的リーダーのやり方です。

そこで、大切な事は、相手の意見を尊重する事と、自分の意見を押し通す事のバランスです。
自分の意見を押し通す事が多い事が前提です。そういった中で、良いバランスだと考えられるのは、自分の意見3 通すのに対して、相手の意見を1 尊重する。
このようなバランスを作る事ができれば、良い支配的リーダーになれると考えられます。


このバランスを再現させるのが難しく、女性が自分の意見を通せたら満足できる時に、上手く通す事ができると、良いわけです。
逆にどうでも良い事にだけ、女性の意見を尊重して、大切にしている部分は、排除すると、女性は、かならず、不満を持ちます。
女性の中で、譲れない意見。これを、会話からや、観察により、事前に理解して、その場合は、女性の意見を取り入れるが、他の意見は基本的には、却下して、自分の意見を通す。

人は、自分が大切にしていて、譲れないと思っている部分を否定されると、大きな反発を覚えます。
どの部分は、その人にとって、大切なもので、譲れないのか。この点を良く理解する事が必要です。

女性との付き合いで、男性が支配的になっているが、二人の関係性が上手くいっている場合、男性が、よく、女性側の譲れないポイントを理解している事が多いです。
そうしないと、女性が不満を持ちますので、長期的な良好な関係を築くのが難しいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ