田中角栄に学ぶ女性を魅了する方法

日本の歴史上、もっとも人を魅了する事が上手かった総理の一人が、田中角栄さんです。この総理が、多くの国民を魅了した原因の一つが、演説が上手かった。この点です。

演説。これほど、多くの人を魅了するテクニックはありません。総理なので、演説というテクニックが必要だったのです。
多くの国民を口説く必要があるので、その形が演説だったのです。

もちろん、私達は、国民を口説く必要はないので、演説という形は必要ありませんが、演説も結局、会話に近いものです。
演説は、国民に向けて行われますが、会話は、相手からのリターンがあります。違いはこういった点で、後は、大部分で、同じです。
使う言葉や、態度や、雰囲気で、人を魅了するわけです。
そのため、演説と会話。別次元の話ではなく、かなり似通った点が多いです。

では、どうやって、田中角栄さんは、そういった多くの国民を魅了するような演説のテクニックを手に入れたのでしょうか。
それは、彼を良く調べている人ならば、誰でも知っている事なのです。
彼は、他の政治家に比べて、演説をする回数が飛びぬけて多かった点にあります。
特に彼が発した言葉・行動で、説得力があった言葉・行動が、選挙中に、各箇所を回り、演説をしていきます。
その際、他の政治家が、お昼を取っている時間。
自分は、お店等に入る事なく、移動中に、簡単に食事を済ませる事ができるおにぎりなどで、食事を済ませる事しかなかったそうです。
お店で、ゆっくりと食事を取るという時間がもったいなく、その時間があるならば、演説をする。
徹底していた。これが、彼の演説スキルを、トップレベルに押し上げたのです。

またある時に、議員になりたいと思っている人から、相談を持ちかけられた事があったそうです。
どうすれば、選挙で当選して、議員になる事ができるかといった相談です。
それに対する彼の答えが、またシンプルかつ、方法はこれだろうなという、核心をついた一言でした。
選挙で勝ちたいならば、最低でも、100 回は演説をしなさい。勝負はそこから

こういった言葉を伝えたと言われています。
多くの演説をしている内に、どういった言葉を、どういったニュアンスで、どういったタイミングで話をすると、人の心は動くのか、目の動きが変わるのか、真剣に話を聞いてくれるのか
これが分かってきます。どういった言葉を使うと良いかなどは、勉強をしたらわかるポイントですが、それを使うタイミングや、聞いている人の反応は、実際に演説をしてみないとわかりません。

勉強をしながら、リアルな反応を見て、改良をしていく。
私達が女性を魅了するための作業となんら変わりはありません。この総理の方法論。
そのまま、私達が必要としているもので、すぐにでも取り入れるべき方法です。
どうやったら、女性を支配レベルで魅了する事ができるのか。その方法を一つでも多く取り入れて、女性と対して、その反応を見ていく。
女性を支配レベルで魅了するのに、本能から見て、必要なものについては、このサイトに表現されています。必要となるものは、十分な量を用意しています。
あとは、その十分に用意された内容を、あなたが十分に体現できるような、十分な量を女性との関わりを持って身につけてもらうだけです。



強引に自分の要求を女性に受け入れてもらう方法

私達男性が、女性に思ったように動いてもらうには、色々な事を考えながら、そして、どういったやり方をすると、どういった作用が起きるのか。こういった事を多く知っていた方が良いです。
それは、女性は、男性からの要望をとりあえずは、却下しようとする。これが標準的な女性の反応だからです。
男性からの要望は、却下なんです。男性側の立場が上、魅力が上といった状態で無い限り、どの男性も、却下されます。
だから、却下されないように、努力をしていくのが、私達男性の仕事です。

この項目では、その一つの方法をお話するのですが、具体的には、私達男性側が、これから要求する事。これをストレートに言えば、女性は、却下します。
このように先手を打ってしまえば良いのです。
どのように先手を打つのか。
話が、こちらの要求を受けてくれた。これを前提として話をします。

そのために有効なニュアンスとしては、「受け入れてくれると思うのだけど。」このような言葉です。
話が成立したと感じさせるのです。
そのために、使い勝手が良いのが、「ありがとう。」この言葉です。
まだ、こちらの要求を女性に受け入れてもらっていない段階に、ありがとうといってしまう事で、女性との間に、要求が成立したような感覚を作り出す事ができます。


上記のような2 点を、入れ込んだ考え方として。
食事に行く事。これを目的とした場合。
こないだ、話をした、俺が行きたいと思っているレストランがあるんだけど、いつも、色々と付き合ってくれてありがとう。それで、そのレストランなんだけど、いつ都合が良い。
このような使い方ができます。ただ、この文を理解されるとわかると思うのですが、強引です。あなたと女性との関係性によっては、女性が嫌な感情を持つ可能性もあります。

どの方法もそうなのですが、この言葉を使って良い関係性なのかどうか。この点を考えながら使う事が大切です。
お分かりかと思うのですが、この方法は、女性との関係性がある場合でないと、使うのは難しいです。
初対面の女性に対して、いきなりこのような会話を使うと、女性は、この男性は、距離感がわからない男性だと判断してしまい、距離をとろうと思う可能性が高くなりますので、この点をよく覚えておいてください。


強引に要求を通す方法としては、こちらの要求に応えてくれるとは思うのだけれども。このような言葉としてのプレッシャーを入れる事と、事前に要求が通ったかのような感覚にするための感謝の言葉。
「ありがとう。」これを使う事が有効です。このようなお話でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ