「考えること」をできるだけ避けたいという人間の習性を使って女性との関係をコントロールする方法

先ほどの学習プログラムの仕組みについては、理解してもらえたと思います。
なぜ、その後も、引き続き、中国側に付き続けたのか。
この仕組みについて、この項目でお話していきたいと思います。
※まだ中国軍が使った捕虜をコントロールする方法を読んでない方は先にこちらを読んでください。

ギャンブルなどでも、この仕組みに該当しているケース を見かけます。競輪、競艇、こういったギャンブルは、デ ータを元にして、自分で考えるという部分があります。
データがあるために、予想をするのには、多くの迷いが 生じます。
迷った挙句、予想をして、購入したとします。
すると、そこから、一気に考えが変わります。
予想して、購入するまでは、迷いがあり、自分の予想に 自信があったわけではありません。しかし、購入すると、 一気にその予想に自信が出てきます。

これは、理論から考えれば、おかしい事です。
購入したからといって、その予想が当たる確率には、何 も変化があるはずがありません。そのため、予想に自信 を持つ根拠がありません。

そうです。
根拠など無く、ただ、購入したから。
だから、予想に自信がでる。人間のこの仕組みが発動し ます。
これが、学習プログラムで心を変えられてからも、その考 えに執着したアメリカ兵の状態と同じなのです。
一度、中国側に寝返った。そういう立場にたったアメリカ 兵は、その立場に執着するのです。

この仕組みは、あらゆる場面でみます。
あなたは、この人間の仕組みが発動してしまう場面を自 分で、理解しておいた方が良いです。それがわかってい るだけで、どれだけの場面で、あなたが助かるか。
あなたが一度、乗ってしまった道。それが直感で間違っ ていると思ったら、すぐにその道からそれましょう。
普通は、そこからそれる事を、嫌います。心への負担が 大きいからです。仕組みが発動しているからです。
仕組みが発動していて、負担がある事が分かれば、あ なたは、その間違った選択をしている道から、外れる事 ができます。

男性が、女性に使う手で、この仕組みを利用した典型例 があります。それについて、今からお話します。
男性と、女性は付き合って5 年が経ちます。
そろそろ、女性側は、結婚を意識しています。男性は、 まだ仕事が安定していない。これを理由に結婚をしませ ん。
そのまま、だらだらと1 年が過ぎて、もうがまんが出来な くなった女性は、男性との別れを決意しました。
女性は、仕事をやめて、実家に帰って、お見合いをして、 結婚をしようと思っていました。
実際にお見合いをしてみると、結婚には、こういった男 性が向いているのだろうな。そういった男性と知り合いま した。
そこで、男性が実家に迎えにきました。
女性は、結婚という未来がないから、あなたとは付き合 えないと、キッパリと断ります。しかし、一向に引き下がる 気配を見せない、男性。

そこで、男性は、結婚をしようと切り出します。
女性は、ならばと、お見合い相手には、断りを入れて、も う一度付き合う事にした。
しかし、数年後、この二人は、結婚をする事もなく、付き 合っている状態が続いている。


本当によくあるケースです。
女性が、結婚を強く望んでいたはずでした。
男性が結婚をしようというから、お見合いを断りました。

では、なぜ、その後、結婚をしなかったのか。
もちろん、女性は、結婚を希望したと思います。
しかし、男性が、またこの付き合っている状態に戻す事 ができたから、しばらく、間を伸ばせると判断し、決断を 先延ばしにしたわけです。

女性が、お見合いを断り、自分と付き合いをはじめれば、 また付き合う事で、自分と離れようとする考えを消す事 ができるのを理解しているから、結婚という言葉を使っ て、また同じ位置に戻す戦略を実行したわけです。
そして、女性は、まんまと男性の策略にはまって、元の 場所にもどされてしまったわけです。

恋愛の場面では、この手法が、恐ろしい程、使えます。
使い勝手が良すぎる手法の一つだと言っても良いと思 います。

これは、一つの人間の悲しい性を、表しているのです。
それは、最も重要な人生の作業である、「考える事。」こ れをできる限り避けたいと考えているから、起きる現象 なのです。
例えば、先ほどの男女の話では、女性がもう一度、男性 と付き合うと決めた。考えてから決めた。
その後、やっぱり、男性が結婚をしてくれない。
では、どうする事が、この後のためには、最善なのか。本 当の所、男性は結婚をする気はあるのだろう。
このように考えていく事が精神的に負担なのです。でき る限り、この点を考える事を放棄したい。
だから、だらだらとその後、その男性と付き合うわけで す。

私達男性は、多くの女性を手に入れたいと思っています。
しかし、女性は、男性からの誘いを断ろうとして、結論を 先延ばしにしようと思います。
そして、先延ばしにしようとする事が、その女性の考えな い上での結論なのです。
私達男性は、その女性の考えたくない上での結論を、ど うにかして、曲げようとしているのです。

ですから、あの手この手を使って、女性の行く方向性を 変える事に必死になる必要があるのです。
そのために、あらゆる手法が存在しているのです。
どの手法を使ってでも良いから、女性の先延ばしにした いという道から、違う道にずらさせる。そうする事ができ て、やっと、女性は、あなたの思った展開を受け入れは じめるのです。


受け入れ初めてくれれば、あとは簡単です。その歩き始 めた道を女性は、この道を歩こうと考えだします。それは、 また別の道について考えるのが面倒だからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ