ヒトラーの戦略を利用したナンパのゴールデンタイムとは?

ヒトラーが、行なった戦略としてあまりにも有名なのですが、知らない人も当然いるので、ここで改めて、この点に焦点を絞りお話をしておきます。

ヒトラーは、演説をする時に、最も適した時間として、夕暮れ時という考えを持っていました。そのため、ヒトラーが演説をする時は、その時間帯を狙って行なわれています。
人間のメカニズムとして、朝から昼ぐらいまでは、頭も冴えているので、頭で物事を判断する傾向があります。そのため、判断が比較的正しくなります。

昼食を取り、胃の消化へと体のエネルギーが使われるぐらいから、段々と人間の判断力には、変化が起きてきます。
まず、昼食後は、判断力は、極端に低くなっています。
ですから、このタイミングは、狙い時です。

このタイミングで、女性への誘いをかけると、判断を誤る確率が高くなります。
普段は受け入れないような、誘いも、受け入れてくれる確率が高くなるのが、昼食後の消化に、多くのエネルギーが奪われている時です。
その後、活動を続けます。そして、夕暮れ時を迎えます。

この時間帯になってくると、活動による、肉体的な疲労や、精神的な疲労が訪れてきます。
朝起きて、普通に活動している人のメカニズムなので、朝起きてから普通に活動している人には、誰でも該当するメカニズムです。
そうなると、今度は、物事の判断を頭では行えなくなります。肉体的、精神的な疲労により、考える事が面倒になってくるからです。
考える事が面倒になると、今度は、どこで判断をするようになるか。それは、“感情”です。
この時間帯ぐらいから、人間は頭で判断するよりも、感情で判断する事を優先しだします。
だから、夕暮れ時ぐらいから、人間の判断には誤りが多くなってきます。そこを狙ってヒトラーは、演説をしたのです。
そうする事で、自分の主張している事が、人々に受け入れられる確率を高くする事を熟知していたからです。
これは、思いっきり使えるのです。私が実際に女性をナンパする場合でも、この考え方を思いっきりと利用します。

日が出ている内は、全く女性に声をかけません。理性が良く働いている事を、良く知っているからです。
勝負は、まさに夕暮れ時です。太陽が沈んだ後ぐらいからが、絶好の時間です。18 時ぐらいからが、まさにゴールデンタイムになります。
他にも色々な要素があるのですが、この時間を私は一番好みます。
これは、経験からも、このぐらいの時間から活動をした方が、女性を確保できる確率が圧倒的に多くなる事からも、実践しているのです。

良く、深夜で終電が終わった後からを勝負と思っている男性も多いのですが、確かにそういった面はありますが、この時間になってくると、もう活動力が落ちてきて、休みたいという状態になります。
単純に、絶対数も少なくなり、この時間に積極的に動きまわっている女性が、結構限定的になってきます。
そういった種類の女性が多くなるので、効率は落ちます。
そういった色々な条件を考慮に入れた上で、太陽が沈んだぐらいからの数時間が、私には、ゴールデンタイムだと判断しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ